©2018 Yoko Nasu All Rights Reserved. / website designed by Amaretto Rose

  • c-facebook

水 絵

私が描いてる水彩画は、紙をぬらして色をおいていく方法で描いています。

そのため、水絵という呼び方をしています。

​(シュタイナー水彩では「ぬらし絵」と呼んでいます)

 

紙は摩擦に強い水彩用のものを使い、

絵具はドイツのシュットクマー社の発色のよい水彩絵の具を使用しています。

 

水絵は、具体的に何かを描くというより、

色そのものを楽しむことが大切だと感じています。

色の性質を知る。色とかかわって自分の心をみつめる。

・・・・いうなれば、私にとっては、「色をつかった瞑想」のようなものです。

 

心を静かにして、安心できる場所でゆっくり色とふれあって欲しい、

そう思います。

例えば私は、蒸留水を青いガラス瓶に入れ、

お日様にあてて ブルーソーラーウォーターを作り

太陽の光のエネルギーを取り入れたお水で 絵の具を溶いて絵を描いています。

 

絵を描くことは、 自分の中のより高い純粋な意識とつながること。

いつも何が生まれるかは、 描いてみないとわからないのです。

 

水絵のおもしろさは、

意識してもできない色や形が

筆の運びや色の重なりで現れてくるところ。

 

呼んでいただければ、出張します。詳しくはメニュー欄ご覧ください。


自宅アトリエは千葉です。ご連絡いただけたらご案内します。